風呂敷(日本伝統のエコグッズ)

風呂敷は何度でも使えて、使わないときはコンパクトに収納できるエコグッズとして、世界に誇れるものだと思います。

また、浮世絵は、ゴッホを始めとして、西欧の芸術家に多大な影響を与えたことから、海外でもよく知られており、浮世絵風呂敷は、日本土産としては格好のグッズといえます。

 

 

北斎の構図は、今、見ても斬新ですね。絵柄はいろいろお選びいただけますよ。

 

和風模様の風呂敷にロゴを入れて、お土産を包んでお渡しするのもよいですね。

 

 

 

ご興味をお持ちの方は、下記アドレスまでお問い合わせください。

info@udea.jp

http://udea.jp/product05

4月に入って、本格的に桜の季節ですね。マンションの隣の桜並木も花盛りです。

「桜の森の満開の下」の作家、坂口安吾には「明治開化安吾捕物帳」という連作小説があります。勝海舟を主人公の引き立て役にする筋立てが面白く、私の大好きな作品です。

この小説が原作のテレビドラマ「快刀乱麻」(1973~74)もよかった。YouTubeで久々にテーマソングを 聴いてみたら、なぜか、札幌オリンピックの「虹と雪のバラード」を思い出しました。(W)

オリジナル付箋

自社のノベルティグッズとして、オリジナル付箋はいかがでしょうか?

実用的ですし、お客様がお使いになる度に社名を目にしていただけます。大切な伝言が書類の下に埋もれるということもありませんね。

ご希望に沿うオリジナル付箋をお作りできると思いますよ。

お問い合わせは、

info@udea.jp

まで。

(写真は74×69mm、50枚綴り)

http://udea.jp/product03

行く春や鳥啼魚の目は泪

千住大橋のたもとに、「奥の細道 矢立初めの地」の石碑があります。元禄2(1689)年3月27日(旧暦ですが)、松尾芭蕉の奥の細道の旅はここから始まったということです。

芭蕉は、その前の俳号を「桃青」といいましたが、これは唐の詩人、李白を意識したものだそうです。「李」に対して「桃」としたならば、「白」には「紅」としそうなものですが、「青」の字を当てたのは自らの芸を「まだ熟していない」と卑下したのでしょうか。ストイックなイメージの芭蕉らしく思われます。もっとも、「芭蕉(はせを)」の号も、平安時代の文人、紀長谷雄(きのはせお)から取ったという説があるようなので、案外、ひょうきんな人だったのかもしれませんね。

舟底をがりがりかじる春の鮫 よみびとしらず(W)

ブログ、始めました

会社設立から9ヶ月。みなさまの温かいご支援により、ここまでやって来られました。まず、お礼申し上げます。

遅ればせながら、ブログを始めることにしました。

不慣れなので、関心を集める記事が書けるかわかりませんが、新商品のご紹介や、会社近辺の出来事など、記していきたいと考えております。

今後ともよろしくお願いします。(W)